IAIIAI:creative agency

「アイ・エイ・アイ」:IAI

 新制作協会

 新制作協会 事務所
 〒160-0022 東京都新宿区新宿6-28-10
  大阪屋ビル202号
  Tel. 03-6233-7008 Fax. 03-6233-7009


1936年 油絵部 創立会員(9名)
・小磯良平・猪熊弦一郎・伊勢正義・中西利雄・内田 巌・佐藤 敬・三田 康・鈴木 誠・脇田 和
1939年 彫刻部創設(7名)
・本郷 新・山内壮夫・吉田芳夫・佐藤忠良・柳原義達・明田川孝・舟越保武
1949年 建築部のちスペースデザイン部創設(7名)
・池辺 陽・岡田哲郎・丹下健三・吉村順三・山口文象・谷口吉郎・前川国男

第 83 回 新制作展 ('2019 9/18〜9/30) 国立新美術館 東京・開催。
 巻頭言 現在は、作家への登竜門が多様化し、団体展そのものが、厳しい状況に置かれています。 新制作展も例外ではありません。 しかし私は、公募団体展は日本のアート環境を支えてきたと思っています。
 団体展は作家同士が切磋琢磨し、高め合う場でもあります。 また、新しい次の作家たちを発掘し、育てるところです。 ただどうしても作家が作家を審査する仕組みである以上、そこに権威が発生しやすく、それが団体展離れの要因の一つになっているように思います。
 でも新制作は、創立会員の意志を受け継ぎ、今でも在野の精神が貫かれており、平等で自由な雰囲気があります。
 創立会員の一人、猪熊弦一郎が 「作品を愛し、会を愛する」 と宣言した様に、新制作は何より作品への愛にあふれた団体なのです。
 私にとっても新制作展は、いろんな作家たちとの出会いの場であり、常に創作意欲を高める刺激的な存在です。
 そんな新制作の魅力をもっと広く伝えていけるよう、さらに努力が必要だと思っています。
 新制作の未来のために。
 
第 83 回展 委員長 藤原 郁三 (「第 83 回新制作展」 図録よりの抜粋文章)

画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
林 純夫《Diagram-パラレルな関係-》
馬淵 哲《幻視(歯車U)》
青木 三四郎《MEMORY 2019》
藤森 民雄《休息の午後 No.15》
藤原 郁三《白い街》 《浮遊する街》
林 純夫
新制作協会会員
《Diagram-パラレルな関係-》
83rd 絵画
馬淵 哲
新制作協会会員
《幻視(歯車U)》
83rd 絵画
青木 三四郎
新制作協会会員
《MEMORY 2019》
83rd 彫刻
藤森 民雄
新制作協会会員
《休息の午後 No.15》
83rd 彫刻
藤原 郁三
新制作協会会員
《白い街》 《浮遊する街》
83rd スペースデザイン


洋画《赤い服の女》小磯 良平
彫刻《頭部・V》舟越 保武
「赤い服の女」第3回新制作展 s54
小磯 良平
(1903〜1988)
新制作派協会油絵部創立会員
s58文化勲章・文化功労者
・芸術院会員
「頭部・V」30x22x23 第62回展
舟越 保武
(1912〜2001)
新制作派協会彫刻部創設会員
文化功労者

洋画《馬と裸婦》猪熊 弦一郎
洋画《キャバレー》伊勢 正義
水彩《四人の女》中西 利雄
洋画《レ・クルン(道化者)》佐藤 敬
猪熊 弦一郎
(1902〜1993)
創立会員 勲三等瑞宝章
伊勢 正義
(1907〜1985)
創立会員
中西 利雄
(1900〜1948)
創立会員
佐藤 敬
(1906〜1978)
創立会員 勲三等瑞宝章


【『新制作展・受賞作品』の記録】
第66回「受賞作品」
第67回「受賞作品」
第68回「受賞作品」
第69回「受賞作品」
第70回記念「受賞作品」
第71回「受賞作品」
第72回「受賞作品」
第73回「受賞作品」
第74回「受賞作品」
第75回「受賞作品」
第76回「受賞作品」
第77回「受賞作品」
第78回「受賞作品」
第79回「受賞作品」
第80回記念「受賞作品」
第81回「受賞作品」
第82回「受賞作品」
第83回「受賞作品」
第84回「受賞作品」
         

※画像の無断転載禁止

ご意見ご感想は  yashio@mui.biglobe.ne.jp
「アイ・エイ・アイ」:IAI HOME NEXT BACK
Copyright © 2002-2021 Yashio.ALL Rights Reserved.