IAIIAI:creative agency

「アイ・エイ・アイ」:IAI

 「横須賀美術館」

 〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地
 
http://www.yokosuka-moa.jp

平成19年4月28日神奈川県立観音崎公園内にオープンしました。
海と緑に囲まれ自然とアートを一緒に楽しめる新名所が誕生します。
日本の近代・現代を中心とした所蔵作品をご紹介するほか、年に5回程度の企画展を開催、週刊新潮の表紙絵で知られる谷内六郎の作品を展示する別館もあります。
また、手や体を動かしながら美術の面白さに触れる参加体験型のプログラムも積極的に提供予定です。
建物は、周辺の環境に配慮して約半分を地下に埋め込み、自然と一体化した造りとなっています。屋上広場と海の広場からは東京湾を一望できますので、美術作品だけでなく自然もお楽しみ頂けます。

建築家 山本理顕氏の設計です。自然環境と共存、地形と一体化した海の見える美術館の誕生です。

「横須賀美術館の施設概要」
(敷地面積22,000㎡・延床面積12,000㎡) 地上2階・地下2階

     
    <緊急事態宣言発出による臨時休館による開催延期、3 月頃までに延期予定。 後日、日程を発表。>
   
   <参加者募集中>
ビジュツカンノススメ展関連事業

 「内田あぐり+松原東洋のムーヴィング・ドローイング・ワークショップ
~ダンサーの動きを描いてみよう!」

このたび横須賀美術館では、企画展「ビジュツカンノススメ」に関連して下記のとおりワークショップを開催いたします。
出品作家の内田あぐり氏は、人間像とそれを取り巻く自然をテーマに制作しています。制作にあたっては、実際にモデルを前にし、多くのドローイングを行うことで、作品のイメージが生まれていきます。
そこでこのワークショップでは、舞踏家の松原東洋氏にパフォーマンスを行っていただき、参加者それぞれが鉛筆や木炭、各自自由に持参する水彩絵の具やアクリルなどの描画材を用いて、新鳥の子紙にドローイングをするワークショップを行います。
また制作の後は内田氏による作品講評を行い、 ドローイングもお持ち帰りいただきます。 自然と共にある美術館のアトリエで、ダンサーの生き生きとした動きを描くという、
貴重なドローイング・ワークショップの機会となります。どうぞご参加ください。
    日時: 2021年 10月 9日(土) 13時半~16時
  場所: 横須賀美術館ワークショップ室
・講師: 内田あぐり(出品作家、現代美術家)、松原東洋(舞踏家)
・対象: 18歳以上
・定員: 抽選 6名
・参加費: 1,000円
   ・準備するもの: 水彩絵の具やアクリルなどの描画材(使用したい画材)
*美術館でも画材は準備しておきます。

   ・参加方法: 事前申込制。
参加希望の方は、人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、参加者全員の
氏名・年齢を明記の上、ハガキかEメールでお申し込みください。
締め切りは9月30日(木)必着。
※ワークショップ時に手話通訳や要約筆記が必要な場合は、
申込時にご相談ください。

詳細、お問い合せ: 横須賀美術館・ワークショップ室 046-845-1211(代表)

   <参加者募集中;
   ビジュツカンノススメ展関連事業
「オンライン哲学カフェビジュツについてのおしゃべりしょ!」
このたび横須賀美術館では、ファシリテーターにアーダコーダ理事の清水将吾さんをお迎えし、下記のとおりオンライン哲学カフェを開催いたします。
「哲学カフェ」とは、年齢、性別、知識のあるなしに関わらず、あるテーマについて自分の考えや経験を自分の言葉で話し、参加者みんなで問いと思考をシェアする、対話イベントのことです。
今回は「ビジュツカンノススメ」展出品作品を題材にして、気になる作品をみつけて、参加者が感じたり思ったことを言葉にし、ZOOMを利用して対話します。
初心者大歓迎ですので、ぜひ参加してみてください。

日時: 2021 10月 23日(土) 13時~16時
場所: 横須賀美術館 エントランス
ファシリテーター: 清水将吾(アーダコーダ理事、立教大学兼任講師)
対象:  18歳以上
参加費: 無料
定員:  10名
必要なもの:  ZOOMを使用できるマイク、カメラ内蔵または外付けのパソコンやタブレット、スマートフォン。
*スマートフォンの場合はインターネットをwi-fi接続にしてご参加ください。
    参加方法:  事前申込制。
ZOOMによるオンライン。
参加希望の方は、人数、代表者の郵便番号・住所・電話番号、
参加者全員の氏名・年齢を明記の上、Eメールでお申し込みください。
締切:10月10日(日)必着。
当選した方には後日、参加URLをお送りいたします。
詳細、お問い合せ: 046-845-1211


<中止>
「障害児者向けワークショップ」
 3、4 月の「みんなのアトリエ」
障害の種類や程度にかかわらず、ご家族と一緒に楽しむことができる「みんなのアトリエ」。
講師の後藤敦史さんと、ご自宅ではなかなか体験できない大胆な創作活動に取り組んでみませんか?
毎月第3土曜日に開催していますので、はじめての方も、常連の方もぜひご応募ください。
   日時: 3月21日(土)、4月18日(土) ※いずれも活動は14:00~15:00(1時間程度)
             場所: 横須賀美術館 ワークショッ室
講師: 後藤敦史(イラストレーター、造形作家)
対象: 20歳以下の障害児者
※きょうだいも制作に参加できます
定員: 10組程度
※必ず付き添いをお願いいたします
参加費: 無料
その他: 汚れてもよい服装でご参加ください
参加方法: 事前申込制。
希望日、郵便番号、住所、電話番号、人数、氏名(障害児者のほか、きょうだい、付き添いの方の氏名)、
年齢(障害児者ときょうだいの方)を明記の上、ハガキもしくはEメールでお申し込みください。
メールの場合は、件名に「みんなのアトリエ」と明記してください。
また、お差し支えなければ、障害児者の方の障害の種類や症状等を簡単にお書き添えください。
応募多数の場合は抽選となります。
締切は各活動の10日前です。
定員に満たない場合は、締切後も受け付けますので、前日までにお電話でお問い合わせください。
*手話通訳や要約筆記が必要な場合は事前にご相談ください
詳細、お問い合せ046-845-1211(代表)


場所:横須賀美術館・ワークショップ室
お問い合せ:046-845-1211(代表)
046-845-1212 (展覧会・イベントなどについて)

横須賀美術館開催展

新型コロナウィルス感染症拡大予防対策による臨時休館のお知らせ
   ビジュツカンノススメアートを楽しむ4つのヒント (2021 9/18~ 11/7) 開催予定。

常設展 第 2 期所蔵品展 特集:いきものたちの情景 (2021 7/17~ 9/19) 当面の間、臨時休館
常設展 第 3 期所蔵品展 生誕100年 谷内六郎展
いつまで見ててもつきない夢 (2021 9/25~ 12/12) 当面の間、臨時休館

谷内六郎館 谷内六郎<週刊新潮 表紙絵>展 鳥のいる風景 (2021 7/17~ 9/19) 当面臨時休館。


ご意見ご感想は  yashio@mui.biglobe.ne.jp

「アイ・エイ・アイ」:IAI HOME BACK
Copyright © 2002-2021 Yashio.ALL Rights Reserved.