IAIIAI:creative agency

「アイ・エイ・アイ」:IAI

国立西洋美術館
国立西洋美術館
〒110-0007 東京都台東区上野公園 7-7


  

国立西洋美術館リニューアルオープン記念

自然ダイアローグ

フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで

In Dialogue with Nature
From Friedrich, Monet and Van Gogh to Richter

 国立西洋美術館リニューアルオープン記念として、ドイツ・エッセンのフォルクヴァング美術館の協力を得て、自然と人の対話から生まれた近代の芸術の展開をたどる展覧会を開催します。
 フォルクヴァング美術館と国立西洋美術館は、同時代を生きたカール・エルンスト・オストハウス (1874-1921) と松方幸次郎 (1866-1950) の個人コレクションをもとに設立された美術館です。 本展では開館から現在にいたるまでの両館のコレクションから、印象派とポスト印象派を軸にドイツ・ロマン主義から 20 世紀絵画までの 100 点を超える絵画や素描、版画、写真を通じ、近代における自然に対する感性と芸術表現の展開を展観します。 産業や社会、など多くの分野で急速な近代化が進んだ 19 世紀から 20 世紀にかけて、芸術家たちも新らたな知識とまなざしをもって自然と向き合い、この豊かな霊感源から多彩な作品を生み出していきます。
 足元の草花から広大な宇宙まで、そして人間自身を内包する 「自然」 の無限の広がりから、2 つの美術館のコレクションという枠で切り出した自然をめぐる新たな風景を生み出していただければ幸いです。


会期: 2022 6/4 [土] 9/11 [日]
休館日: 毎週月曜日、7/19 [火] (ただし、7月 18日(月・祝)、8月 15日(月)は開館)
開館時間: 午前9時30分 ― 午後5時30分 (金・土曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで

会場:
国立西洋美術館 東京・上野公園
主催:国立西洋美術館、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション


'2022 6_3 国立西洋美術館リニューアルオープン記念 「自然と人のダイアローグ」 展のプレス内覧会の館内風景の取材と、図録・資料などからの抜粋文章です。
画像をクリックすると 「陳岡 めぐみ(国立西洋美術館 主任研究員)」 の展覧会概要説明が大きな画像でご覧いただけます。

「In Dialogue with Nature」展覧会概要説明

国立西洋美術館リニューアルオープン記念 「自然と人のダイアローグ」
プレス内覧会、展覧会概要説明会
国立西洋美術館 '2022 6_3


フォルクヴァング美術館と国立西洋美術館 ―共同企画

【展覧会の見どころ】 ― 「自然と人のダイアローグ」図録、プレスリリースなどからの抜粋文章です ―

 フォルクヴァング美術館と国立西洋美術館は、同時代を生きたカール・エルンスト・オストハウスと松方幸次郎の個人コレクションをもとにそれぞれ設立された美術館です。

 展覧会はフォルクヴァング美術館と国立西洋美術館の所蔵品を軸にロマン主義から 20 世紀絵画までの作品で構成し、自然に対する感性と芸術表現の展開を見るものである。

 「作品を中心に展示構成されテキスト・作品それぞれが対話をするような作品展示になっている」
本展は 4 つのセクションから構成され、ある程度の時代順と同じ傾向をもつ画家たちによるグルーピングを行っている。

自然と人のダイアローグ」 展の展覧会、全 4 章の構成。
Ⅰ 空を流れる時間
Ⅱ 〈彼方〉への旅
Ⅲ 光の建築
Ⅳ 天と地のあいだ、循環する時間


'2022 6_3 国立西洋美術館リニューアルオープン記念 「自然と人のダイアローグ」 展のプレス内覧会の館内風景の取材と、図録・資料などからの抜粋文章です。
画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

ウジェーヌ・ブーダン《トルーヴィルの浜》、エドゥアール・マネ《嵐の海》

Ⅰ 空を流れる時間 Skier Across Time
 大気の条件や時間帯、季節によって絶えず光は変化し、その効果で自然の外観も変化し続ける。 この章は雲を先頭に気象のテーマで始まる。 ノルマンディーの海岸で雲がたなびく空を観察し、戸外で制作したプータン。 その試みはモネやピサロら印象派の世代へ受け継がれる。 画家たちは鉄道が結ぶ各地へ足を伸ばし、直接的な自然体験から得られた瞬間的な印象をすばやいストロークと、色彩の輝きを保つ筆触分割によって捉えようとする。 カンヴァスの上で雲は流れ、海はざわめき、水は雪や雨、霧へと姿を変える。 描かれた場所に目を転じれば、、そこには海辺のリゾートや画家が暮らした田舎町、歴史ある大聖堂や近代産業の象徴たる鉄道橋の眺めなど 19 世紀の現実の風景がある。 フレームの内と外は連続し、絵画空間のなかに現実の時間が流れ込む。
 そして19世紀には、その場にいたことの証としての風景、あるいは観察者の眼のためには、写真という手段も登場しています。 章の最後では、写真をめぐる新たな表現を配ります。

・No.1 ウジェーヌ・ブーダン(1824-1898) 《 トルーヴィルの浜 》  1867年 油彩、カンヴァス 63 x 89 cm 国立西洋美術館、東京

 ・No.1 《トルーヴィルの浜》 ウジェーヌ・ブーダンは、早くから戸外で制作していた風景画家の一人で、印象派の先駆ともされる。 船乗りを父としてノルマンディーの港町に生まれ、早くから海や気象に親しむ。 画材や文具の店を営んでいたが、ミレーらの勧めで画業へ進む、パリで風景画家イザベイに学ぶ。 1850 年代末頃には、若きモネに自然への開眼をさせたクールベにも影響を与える。


カール・グスタフ・カールス《高き山々(カスパー・ダーヴィト・フリードリヒにもとづく模写)》

Ⅱ 〈彼方〉への旅 Journey to the Other
  この章では、移ろう時間の中で自然の印象を捉えた風景とは異なるもうひとつの自然の表現を見る。 自然に対する新しい感受性は社会の各領域で近代化が進んだ 18 世紀末に始まっている。 従来の生活や世界観が揺らぐなかで、〈自然〉 は科学的な観察の対象となるだけでなく、保護と癒しをもたらす精神的な拠りどころ、そして審美的な経験をうながす場所となった。 美術の世界でも自然を個人の感情や観念、あるいは目に見えないものに結びつける表現が生まれ、下位の絵画のジャンルであった風景画を表舞台に押し出しつつ、ロマン主義の重要な水脈を作る。 初動のひとつは統一国家の模索が始まるドイツに見られ、汎神論的な自然観や自然科学の発達を背景としつつ、革新的な風景画を生み出したフリードリヒの周囲に展開している。 調和への憧れや無限や威力への畏怖など、自然に託された画家の内面性は、後姿の人物像や 〈窓〉 が効果的な媒体となって観賞者の感情にも訴えかけ、画中の世界を追体験させる。

・No.31 カール・グスタフ・カールス(1789-1869) 《高き山々(カスパー・ダーヴィト・フリードリヒにもとづく模写)》 1824 年 油彩、カンヴァス 136 x 171 cm フォルクヴァング美術館、エッセン

・No.31 カール・グスタフ・カールス は、ドイツのロマン主義時代の医師にして科学者、そして画家。 1816 年にはドレスデンの造形芸術アカデミーで自らの風景画を展示。 それからまもなく、生涯にわたる友人となるカスパー・ダーヴィト・フリードリヒと出逢う。 ゲーテはカールスの科学的な知に関心を示したばかりでなく、画家としての彼の仕事にも注目した。 ドイツ・ロマン主義の風景画を、目に見えるだけではない背後にある生きた自然が表現されなければならないと説いた。


ポール・セザンヌ《ベルヴュの館と鳩小屋》

Ⅲ 光の建築 The Architecture of Light
  19 世紀末から 20 世紀初頭にかけては、移ろい続ける外観を超えて、自然の本質的な構造や法則を理知的に把握し、永続的な絵画空間を作ろうとした動きもあります。 一つの重要な出発点は、自然がもたらす鮮烈な身体的感覚そのものの実現のため、 自然に匹敵する絵画空間の構造を目指したセザンヌにあります。 「自然は、表面にではなく、奥行きのなかにある。 色彩はこの奥行きから表面にあらわれたものであり、世界の根源を見せるものである」 というセザンヌの言葉は、「存在の第一の証拠は空間を占めること」 という建築家ル・コルビュジェの言葉に通じる 。
 Ⅲ 章では、フランスやドイツだけではなく、スイスや北欧、オランダ、ベルギーなど国際色豊かな 19 世紀末から 20 世紀初頭の作品を通じて、自然の観察を出発点としつつも、独自の秩序と生命をもつ絵画空間の創出を目指した画家たちによる多様な造形的実験の展開を見ていきます。 自然の本質を把握しようとする試みは、芸術を宇宙や万物の創造の根源と結びつける神秘的な世界観とも接続していきます。 天と地のアナロジーは、ル・コルビュジェが目指した、人体寸法と黄金比にもとづく 〈調和〉 の尺度、モデュロールにもとずく建築の中にも見い出すことができます。

・No.60 ポール・セザンヌ(1839-1906) 《ベルヴュの館と鳩小屋》 1890-1892 年頃 油彩、カンヴァス 65 x 81.2 cm フォルクヴァング美術館、エッセン

・No.60 ポール・セザンヌ は、ポスト印象派を代表する画家。 姉妹夫妻の荘園を描いた 《ベルヴュの館と鳩小屋》 は未完成ともされるが、南仏の夏を乾いた空気や草の匂いが絵画空間に立ち昇る生成の瞬間を見ることができる。 色面を布置する筆触そのものが空間を立ち上げていくセザンヌの手法は、自然を前にして画家が覚えた鮮烈な身体感覚を画面に再生させるためのものである。


カラヴァッジョ《法悦のマグダラのマリア》

Ⅳ 天と地のあいだ、循環する時間 Cycles of Time Between Heaven and Earth
 日は昇り、沈み、また昇る。 春に芽吹いた植物は、夏に茂り、秋に実り、冬に枯れても春に再び葉を出す。 生き物は誕生と消滅を繰り返し、古い生命から新しい生命への循環が自然界を満たしている。 最後の章では、この循環する時間に人の地の営みを重ね合わせた表現を見る。
 四季のめぐりは西洋絵画の伝統的主題のひとつだが、近代化においても特に装飾画のなかに引き継がれていることは、春や夏を寓意するミレーやドニの作品に見ることができる。 またモネやルノワールが描く色づき始めた木立の表現は、夏から秋、秋から冬への季節の移行そのものを表している。
 牧畜や農業、狩り、林業、雪かきなど労働はめぐる季節とともにあり、ピサロやセガンティーニなどからグレーズやムンクまで地域や世代を超えてさまざまな表現のための画題となった。 これらはまた、生命のサイクルのなかに繰り込まれた労働でもあり、人間の生の根源に触れるテーマともなる。 ゴッホは夏の炎天下の麦刈りに、時が来れば一生を終えるほかない人の 〈死〉 のイメージを見たが、それは天の光が明るく照らす慰めに満ちたものでもある。
 モネが築いたジヴェルニーの庭の池に宿っていたのは、夏の朝に開き、夕に閉じ、〈光〉 とともによみがえる睡蓮の花である。 画家が最後の日々を捧げたこの水鏡、水面の花々や葉、水底の植物、映り込む木々の影、そして空から降る光の反射が生成と消滅を繰り返すミクロコスモスであり、これを覗き込む者を天と地のあいだの永遠の対話 (ダイアローグ) へ誘い続けている。

・No.77 ジャン=フランソワ・ミレー(1814-1875) 《春(ダフニスとクロエ) 1865 年 油彩、カンヴァス 235.5 x 134.5 cm 国立西洋美術館、東京「松方コレクション」

・No.77 ジャン=フランソワ・ミレー は、クールベとともにフランスのレアリスムの代表的画家に数えられる。 1840 年代末にバルビゾン村の周辺で戸外制作をしていたルソーらと交流、のちにバルビゾン派と呼ばれる。 本作品 《春》 は、コルマールの銀行のパリの邸宅の装飾パネルであった 〈四季〉 連作(1865 年完成) の一部で、古代ギリシァの恋愛物語を題材とし、牧歌的な風景のなかで幼い愛の芽生えと重ねて 「春」 を表されている。


自然は感情、感覚、想像力に衝撃を与え、現実と表象に分かれる。
自然は多様な形態の表現によって構成され、美は自然に対する感情によって形成される。

'2022 6_3 国立西洋美術館リニューアルオープン記念 「自然と人のダイアローグ」 展のプレス内覧会の館内風景の取材と、図録・資料などからの抜粋文章です。
画像をクリックすると会場内の 「フォルクヴァング美術館と国立西洋美術館の所蔵対比作品」 が大きな画像でご覧いただけます。

国立西洋美術館「Matsukata koujiro」 X フォルクヴァング美術館「Karl Ernst Osthaus」

・No.33 ギュスターヴ・クールベ(1819-1877) 《 波 》 1870年 油彩、カンヴァス 45 x 59 cm フォルクヴァング美術館、エッセン

・No.34 ギュスターヴ・クールベ(1819-1877) 《 波 》 11870年頃 油彩、カンヴァス 72.5 x 92.5 cm 国立西洋美術館、東京

 ギュスターヴ・クールベは、19 世紀フランスのレアリスムを代表する画家。 1855 年のパリ万国博では自称 「レアリスム館」 と名づけたパヴィリオンを建てて、 サロンに落選した 《画家のアトリエ》 などを展示。 特にしばしば訪れたノルマンディー地方のエトルタにおいて、さまざまな様相を見せる海景に写実主義を超えた新たな表現の可能性を見出した。

カール・エルンスト・オストハウス(1921 年以前の撮影)
 Karl Ernst Osthaus, before 1921
フォルクヴァング美術館 Museum Folkwang, Essen

松方 幸次郎
 Matsukata Kōjirō
国立西洋美術館 The National Museum of Western Art

カール・エルンスト・オストハウスとフォルクヴァング美術館

松方 幸次郎と国立西洋美術館

ドイツの西北部の工業都市ハーゲンに生まれたカール・エルンスト・オストハウス (ハーゲン 1874-メラーノ 1921 年) は実業家の祖父から莫大な遺産を受け継いでコレクションを築き、1902 年、工業都市にこそ美術館が必要であるという理念の下、フォルクヴァング美術館を故郷に設立しました。 美術館お名称は北欧神話の美と豊穣の女神フレイヤの 「人々の広間」 に由来します。 アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデのデザインによる流麗なアール・ヌーヴォー様式の内装が施されたフォルクヴァング美術館には、自然科学的資料やアジア・アフリカの諸芸術からフランス・ドイツの近代美術にいたるコレクションが展示されました。 ゴッホやゴーガンをはじめとするモダンアートをドイツで最初期に収蔵した美術館としても知られます。

ドイツ工芸博物館の設立やホーヘンハーゲン田園都市の建設など、オストハウスは芸術を生活に引き戻すことを目指してその後も幅広く活動しましたが、1921 年に死去。 翌 1992 年、オストハウス・コレクションはハーゲンからほど近いエッセン市に買い取られ、市の美術館と統合されて新たなフォルクヴァング美術館が生まれました。

エッセン市で活動を再開したフォルクヴァング美術館はその後 1930 年代にナチスに 「退廃芸術」 とみなされた 1,400 点以上の作品が押収されるとともに、第二次世界大戦時に建物が爆撃を受けて閉館に追い込まれるなど苦難の時期へ向かいます。 しかし戦後にコレクションと建物が再建され、写真やポスター・デザインなど収集領域を拡大しながら発展を続け、2022 年に創立 100 周年を迎えました。

神戸の川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)を率いた松方幸次郎(鹿児島 1866 (慶応元年)-鎌倉 1850 年) 第一次世界大戦を背景とする船舶特需によって事業を拡大しつつ、日本で待ち望まれていた美術館を作るべき、3,000 点を超える西洋の美術品を 1910 年代後半から 1920 年代後半にかけてロンドンやパリで買い集めました。 さらにフランスから約 8,000 点の浮世絵コレクションも買い戻しました。

のちに国立西洋美術館の設立につながるこの松方コレクションは、今日ではゴッホやモネ、ロダンなどの近代フランス美術で知られますが、日本の芸術家や人々が西洋の芸術や文化を広く学ぶことを目的として形成されたことから、時代も地域もジャンルも多様な作品で構成されていました。 松方は 、「共楽美術館」 と名づけた本来の美術館に、「境界線などなく、紀元前 3000 年から現在にいたる西洋の人々の文明の表出である芸術作品」 が並ぶ日を夢見ていたのです。

しかし 1927 年に川崎造船所が経営危機に陥たことから、松方の美術館構想はついえ、コレクションは散逸へ向かうこととなります。 すでに日本へ送られていた作品群は売立てにかけられ、ロンドンの倉庫に預けていた作品群も 1939 年の火災で焼失しました。

一方、パリで保管されていた近代フランス美術を中心とする約 400 点は、第二次世界大戦末期にフラン政府に敵国人財産として接収されますが、戦後、政府間交渉を経て、一部を残した 「松方コレクション」 日本への寄贈変換がかないました。 国立西洋美術館はその保存と展示のために 1959 年に設立され、以降、西洋美術の作品をはば広く集め続けています。 2016 年には、ル・コルビジェ設計による本館が世界文化遺産として登録されました。

ペーター・ゴルシュリューター フォルクヴァング美術館 館長 (図録・「フォルクヴァング美術館の歴史からの抜粋文」)

 ドイツ・ルール地方の中心地、エッセン市にあるフォルクヴァング美術館は、1922 年の設立以来、国際的名声をもつ美術・デザイン・工芸のコレクションとともに来館者を迎えています。 100 周年を迎えた今日、当館では、900 点を超える絵画と彫刻、12,000 点の紙作品、65,000 点を超える写真、約 350.000 展のポスター、さらに選りすぐりの美術工芸品や考古学、非西洋の品々も所蔵しています。 1902 年に最初の設置場所であるハーゲン市に開館した頃に所蔵していた作品数については推測するほかありませんが、展示風景写真や当時の資料からは、 すでにピエール=オーギュスト・ルノワール、フィンセント・ファン・ゴッホ、点描派の画家たちの傑作を誇らしげに展示していたことがわかります(cat.nos.63,84)。 フォルクヴァング美術館の創設者カール・エルンスト・オストハウス(1874-1921) にとって、そして美術館において、この 「近代絵画の創始者たち」 は、 自然標本や古美術から、東アジア―特に日本―の諸芸術を経て、同時代絵画・彫刻にいたるまで、創造性の進化を示すように並ぶ展示室の頂点に位置づけられていました。 また、作品はすべて、先進的なベルギー人デザイナー、アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデ(1863-1957) が手がけた 「アール・ヌーヴォー」 様式の内装の中に展示されていました。…


お問合せ:050-5541-8600 (ハローダイヤル)
展覧会サイト:http://nature2022.jp
国立西洋美術館サイト:http://www.nmwa.go.jp/
主催:国立西洋美術館、読売新聞社、NHK、NHKプロモーション

共同企画:フォルクヴァング美術館
後援:ドイツ連邦共和国大使館
   特別協賛:CANON、Museum Folkwang
協賛:エボニック ジャパン、凸版印刷
協力:ルフトハンザ カーゴ AG、西洋美術振興財団


参考資料:「自然と人のダイアローグ」図録・ 報道資料、チラシ など。


ご意見ご感想は  yashio@mui.biglobe.ne.jp


「アイ・エイ・アイ」:IAI
HOME
NEXT
BACK

Copyright © 2002-2022 Yashio.ALL Rights Reserved.